キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 おねしょの種類 : おねしょの改善のきっかけ

おねしょの種類

おねしょの改善のきっかけ

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索
おねしょの種類と治療アプローチの違い、混合型は治療が長引く傾向があるものの、1年で約半数は治る
おねしょの改善のきっかけメイン画像

おねしょの種類

おねしょにはその症状から、大きく分けて多尿型と言われる夜間の尿量が多いことを原因とするものと、膀胱型と言われる膀胱容量が小さくておしっこを貯めることができないタイプがあります。

この二つの要因の両方があるという場合は、混合型と呼んでいます。

診断は、おねしょの量や尿量を計測することで行います。

実際にどのような検査をされるのか不安な方は一度こちら(http://www.onesyo.net/byouin_kensa.htm)で確認をしておくとよいと思います。

タイプがわかったら、それぞれの症状に合わせた治療のアプローチを行うことになります。

多尿型のおねしょの場合は、夜間尿量をコントロールできるよう、抗利尿ホルモン剤を処方されます。

処方箋を守り、医師の診断のもとにお薬を飲むと7,8割改善が見られるろいいます。

膀胱型の場合には、おねしょアラームの効果が高く、約半数はアラームで改善するというデータがあります。

これらと併せて、午後からの水分の摂り過ぎを注意し、のどが渇くような食習慣をあらためる、利尿効果の高い果物や飲み物のとりすぎに留意するなどの生活指導も続けていきます。

自然治癒で放っておく場合に比較して、おねしょを医療機関で治療する方が当然早くおねしょから卒業できることになります。

1年の治療で約半数、2年目で8割、3年の治療で9割のおねしょが治るとされています。

しかし医療機関に通ったからといって、すぐに完治するということも考えにくいです。

宿泊行事にこだわらず、早めに相談しておねしょを卒業させてあげる方が実際には現実的です。

宿泊行事に関しては親子で話し合い、参加すると決めたら担任の先生にも相談をします。

Copyright www.ovmc-online.com .