キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 医療機関におけるおねしょの治療 : おねしょの改善のきっかけ

医療機関におけるおねしょの治療

おねしょの改善のきっかけ

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索
投薬や生活指導、おねしょアラームを用いた治療アプローチ、複合的な試みで早めの卒業を目指そう
おねしょの改善のきっかけメイン画像

医療機関におけるおねしょの治療

おねしょの治療の多くは、医療機関による生活指導です。

生活指導とおねしょの関係ははっきりと解明されているわけではありませんが、水分摂取の量のコントロールや利尿作用の強い食物の制限などで、夜間の尿の量をある程度は減らすことができるため、失敗が減っていくことがあります。

失敗が減り成功体験が詰み上がると、子どもにも自信ができてきます。

翌朝までしっかり熟睡できるということは身体の成長が促されるということで、精神的、身体的成長につながります。

またおねしょが多い子供の場合、朝はあまり水分を取らず、午後から大量に水分を取るタイプの子どもがいます。

学校から帰宅するとのどが渇いていますし、夏場などは水分補給をしっかりしようと、かなりの量のジュースなどを飲んでしまうということもあります。

その時に水分を取り過ぎていたり、利尿作用の強い飲み物を大量に摂取していることが原因でおねしょをしてしまう場合があります。

それを制限することで、夜間のおねしょを減らしていくことができます。

医療機関では、生活指導以外に薬をつかったアプローチもあります。

作る尿の量を減らすための抗利尿ホルモン剤は、飲みやすい内服薬や鼻から吸入するタイプなどがあり、子どもでも飲みやすいように工夫されています。

医師の処方に従って服用することが重要です。

他にも、おねしょが出たらアラームで知らせるアラームシステムなどを取り入れる治療があります。

下着がおねしょで濡れたら、センサーでアラームが鳴るというしくみです。

子どもはいったん熟睡したら、そう簡単には目が覚めないものですから、アラームで起こすためのものではなく、無意識におもらしをしてしまったら、それを知らせるというアラームです。

アラームがなることで、おねしょが出る前に気付くようになるというシステムです。

Copyright www.ovmc-online.com .