キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 おねしょ卒業の合図 : おねしょの改善のきっかけ

おねしょ卒業の合図

おねしょの改善のきっかけ

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索
朝まで布団をぬらさない日が増えてきたら、おねしょの卒業はもうすぐそこ、成功したことは褒めてあげよう
おねしょの改善のきっかけメイン画像

おねしょ卒業の合図

一進一退のおねしょ治療。

どうしてもおねしょをしたか、しなかったかの白黒で結果を考えてしまいがちです。

しかし実際には、おねしょの量が減っている、おねしょをする時間帯が徐々に朝の時間に近づいているということで、少しずつ前進していることがわかります。

週に4,5日おねしょがあった子どもが、週に2,3日程度になるところまで回数が減っている。

夜中におねしょをしていた子どもが、明け方におねしょをするようになったというのは、実際には少しずつ改善が見られているということになります。

おねしょが出たことも気づかないまま熟睡していた子どもが、少しずつ症状が改善するのは喜ばしいことですから、励まして自信を持たせてあげましょう。

週1が2週間に1回などとなってくれば、卒業はもうすぐです。

せっかくおねしょの回数が減って安定してきたのに、冬になったら寒さのせいか、回数が増えてしまったというような場合があります。

そういう場合は寝具やパジャマに工夫をして、寒くないように寝室を整えてあげるといいでしょう。

おねしょはすぐに治るわけではありませんから、おねしょの症状などを見ながら、時間をかけて治療を続けることになります。

しかし、おねしょがあまりにも治らない、様子がおかしいというときは、他の疾患が原因になっている可能性があるケースもあります。

そういう場合は、早めに内科などで相談をしましょう。

他の疾患が原因だった場合、その疾患の治療が進めば、それに伴っておねしょも治ることがあるからです。

Copyright www.ovmc-online.com .